FC2ブログ
2018/12/17

久々の美術展♪&来年2月開催「ル・コルビュジエ展」が待ち遠しい!

こんばんは、omemeです。

冷え込んだ日曜に訪れたのは、
上野の国立西洋美術館。

201812161348360b6.jpeg

国内唯一のル・コルビュジエ設計の建物として、
とても有名ですよね。

こちらで、
現在開催されている「ルーベンス展」へ
実母と一緒に行ってきましたー。

20181216134838238.jpeg

2018121613483496b.jpeg


絵はちっとも詳しくないし、
どちらかと言うと日本画の方が好きで、
ヨーロッパの宗教画とか
宮廷画自体に全く造詣がないのですが。。。
備忘録のために私なりの感想を♪

迫力のある美しい絵に、
宗教観を巧みに盛り込んだ作品。

暗喩もてんこ盛りで、
音声ガイドや作品横の紹介文を読みながら、
「へぇ、なるほどねー」と楽しめました。

20181216180401546.jpeg
©LIECHTENSTEIN. The Princely Collections, Vaduz-Vienna

私にとって「絵」って、
画家の「生みの苦しみ」とか葛藤を感じる絵と、
単純に絵の内容と美しさを楽しめる絵があって、
ルーベンスは完全に後者。

あくまでも私のイメージですが、
自分が注文主から求められてる内容をきっちり反映し、
かつ希望を超える作品に仕上げ、
合理的な制作方法で大量の注文をこなす、
インテリな画家という印象。

この美術展のキャッチフレーズである
「王の画家にして、画家の王」
って言葉が本当にぴったり。

すごい端的に形容されていて、秀逸!
コピーライターさんってすごいなぁ。

休日でしたが、そんなに混雑なく、
ゆっくりと作品を楽しめて、
大満足の美術展でした。



でも、
来年2月から開催される
コルビュジエ展の方が断然興味ある!


201812161348333e8.jpeg


建築の事はわからないけど、
私にとってコルビュジエといえば。。。
やっぱり「LCコレクション」

20181216145200631.jpeg

LC2×グローブランプ、鼻血が出そう。。。

201812161452005a9.jpeg
(画像お借りしました)

昨今のコルビュジエを題材にした映画や
特集雑誌で色んな事を知り、
「コルビュジエの家具が好き」な私は、
ちょっと心中複雑ですが。。。笑




それでも、
高校時代に友人実家で初めて見た
LC2の3人掛けソファがカッコ良すぎて、
そこからずーっと憧れていました。

過去にはリプロダクトも買っちゃった♪

【前居リビング】
201812161506122b9.jpeg

20181216150612350.jpeg


コルビュジエ展、絶対に行くっ♪


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

上野では、
フェルメール展とムンク展も開催されていて、
芸術的な香りがムンムンでした。

2018121613483995a.jpeg

20181216134833cd9.jpeg


例え「付け焼き刃」でも、
知識は無いよりもあった方がいいし、
そういう空気を吸って、
ちょっと背伸びする時間が私には大事。

あちこち誘ってくれる母に感謝☆

今日もブログを読んで頂き
ありがとうございます。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 旭化成ホームズへ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村